FACTORYTAKAYAMA ちっちゃいサーチエンジン21 フリーマーケット チャット 掲示板 花粉症対策



エンポリオ DVD・CD・カセットコンポネ...

定価:¥16,800 ⇒ 販売価格:¥6,090

DVD-VIDEO・VCD・AUDIO・MP3・JPEGディスク再生可能!5.1chアナログ音声出力対応!ドルビーデジタル・DTSデジタル音声出力対応...



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|
  5. 編集

『Jフェロン』の原料、純国産乳酸菌「ラブレ菌」は京都の伝統的漬物、すぐき漬けから発見されました。

『Jフェロン』の原料、純国産乳酸菌「ラブレ菌」は京都の伝統的漬物、すぐき漬けから発見されました。『Jフェロン』の原料、純国産乳酸菌「ラブレ菌」は京都の伝統的漬物、すぐき漬けから発見されました。





 インターフェロンは、もともと体内にある天然物質で、誰の体でもつくられています。通常は、血液やリンパ球の中に、少量あるだけですが、ウィルスが細胞に接触するといちはやく大量につくられ、ウィルスなどから体を守るほか、ウィルスの増殖を阻止するしくみになっています。
 したがって、このインターフェロンを体内でつくる能力(産生能)が低下してくると、ウィルスに感染しやすくなったり、ガンができやすくなったり、いろんな病気にかかりやすくなってしまうのです。
 インターフェロン産生能は、このように健康のバロメーターとして機能しているのですが、「ラブレ菌」は、その力をパワーアップし、免疫機能を高める効果を持っているのです。
 60年代に登場し「ワクチンによる予防」「血清療法」「化学薬品」「抗生物質」に次ぐ人類「第五の武器」として期待度の高いインターフェロン。現在実用化が進み、C型肝炎やガンの治療薬として活用されています。
 これまでの武器に比べ、インターフェロンは即効性があり、いろんな異物に対応できることから「究極の武器」とされています。しかし、これにも限界があります。副作用の問題です。比較的副作用が少ないといっても、連続して長期間使用すれば、体のホメオスターシス(生体恒常性)の撹乱や発熱、倦怠感をもたらすケースがあるのです。
 その点、「ラブレ菌」は、インターフェロンを外部から投与するのではなく、体内で生産させて免疫機能を高めるので、副作用のない安全な健康食品としてどなたにもおすすめできます。
 病気になる前に予防する「予防医学」が医学の中心になりつつある今日、ガンをはじめ病気を寄せつけない体をつくる「ラブレ菌」で健康長寿を全うしたいものです。


 日本の食生活においても、味噌や醤油、漬け物など乳酸菌による発酵食品が古くから親しまれています。
 そこで、財団法人京都パストゥール研究所の所長岸田綱太郎博士(京都府立医科大学教授)は、日本人がよく食べる漬け物の中に、免疫力を高める乳酸菌がないかを探し出し、京都の代表的漬け物である「すぐき」からラブレ菌の分離に成功しました。
 「ラブレ菌」は、「ラクトバチルス・プレービス・サブスピーシーズ・コアグランス」という長い名を縮めたもの。
 京都パストゥール研究所のその後の研究により、このラブレ菌を食べると、体内でインターフェロンαをつくる能力が高まることが確認されました。
 純和風の乳酸菌「ラブレ菌」京都生まれの京都育ちどす。

550粒 約3か月分
  メーカー  まるも株式会社

さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト

  1. 2006/04/07(金) |
  2. 日記・更新履歴|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0|
  5. 編集

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenshin.blog3.fc2.com/tb.php/317-3b57568e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。